ワキの黒ずみで恥ずかったレビュー(女談)

学生時代はエステティックサロンや抜毛店頭に行くためのお金がなかったので、両ワキのムダ毛が伸びて訪れるたびに自己処理を通していました。
シェービングクリームによることもありますが、最高簡単な手段は剃刀や毛抜きを使うことなので、定期的に確認しては、剃ったり抜いたりを繰り替えす日毎でした。
最初のうちはムダ毛も細長くて、全体的に薄かった結果、剃ったり抜いたり講じるたび、スキンがツルツルの状態になっていましたが、それを何年も繰り返している住宅、徐々にワキの黒ずみを感じるようになっていきました。
鏡で確認すると、明らかにワキのコンポーネントって、他のスキンの部分の色合いが違うので、誰かに気付かれたらいかんせんというのが不安でした。
そのため夏に半袖やノースリーブの服を着て、そばという立ち寄るときも、意識して握りこぶしを激しく上げないようにしていましたが、思わずうっかり上げてしまったことがあり、ワキの黒ずみを指摘されてしまったので、非常にいたたまれない望みをしました。
ワキの黒ずみものの不安は、恋愛はもちろん同性のそばにも知られたくない素行だったので、今日思い出しても面構えが真っ赤になってしまう。
両ワキのムダ毛やり方を自分で行うと、高い確率でスキンの色合いが悪くなるので、他の人には勧告出来ないですね。気になる腕のブツブツ